看板は活用場所と宣伝内容で選ぶスタイルが異なる

看板にはいくつか種類がり、それぞれの形によって特性をいかした活用方法が異なります。一般的に目にすることが多いA型の形状をした看板は、屋外のイメージがありますが実は屋内でも活躍します。店舗情報だけではなく、ポスターを貼るためのスタンドとして利用することで、店内情報を明確に伝えることができます。さらに、サイズも豊富にあるため、店舗ごとの規模に合わせて選ぶことができ、耐久性に関しても加工選びから決めることが可能です。
木製タイプだけでなく、屋外で使用するアルミ製のタイプを合わせるなど、強度や見た目に応じたものを選びましょう。ただし、屋外で使用し強度が必要な場合は、ラミネート加工や紫外線カットなどの耐久性の優れた加工を施した物を選ぶことが大切です。

設置する場所で決めることが大切

カフェにあるようなお洒落な見た目のものは、木製タイプが多く素朴な印象でも活用方法や場所はさまざまです。木製を利用する場合は、屋内や屋外のどちらでも活用できるようなタイプを選び、表面の加工方法を選びましょう。表面はチョークなどで文字が書けるものと、ボードのように専用のインクで文字を書く方法があります。
また、文字だけではなくお店のイメージに合うイラストや料理店ならではの料理写真を貼るなど活用の仕方が多いため、自分なりの活用の仕方を見つけましょう。
印刷になりますが、バーナースタンドなど布に宣伝内容をプリントすると、見た人の意識に強く印象付けることができます。お洒落なタイプを選ぶのか見た目のインパクトを必要とするのかは、屋外または店内のどちらで利用するのかが明確になっていなければ決めることができないので、先に必ず決めることが大切です。

注文するときに気を付けるならこの部分

初めて注文する場合は、文字の並びやフォントに注意しましょう。その理由は見た目の印象ばかりに意識がとらわれて内容が伝わらないケースがあるからです。このような失敗を起こさないためにも効果的な見せ方として文字は大きくしっかりとしたタイプを選ぶことが大切です。提供しているサービス内容とかけはなれた印象を与えるフォントは避けて、お店の印象と見た人へ与える文字の印象は近いものにしましょう。
文字を詰めすぎず、余白を入れることも重要です。そして、宣伝を行いたい部分や訴求力を高めたい内容だけをまとめて、見易さを意識することも必要です。伝えたい内容をすべて詰めるのではなく、複数の看板や装飾のタイプ別で分けて、それぞれの見た目をシンプルにするなどの工夫も重要です。

東京・大阪・名古屋の主要3都市を含む、全国7ヶ所に営業所があり営業マンがお伺い致します! のぼり旗年間20万枚以上のHP販売実績!大手企業様からも多数ご利用頂いております。 看板やのぼりなど機能・デザインともに豊富にそろえ、ただ目立つのではなく、シンプルで明確な情報が伝わる販促としてのクオリティを重視しています。 福井県福井市問屋町近く。北陸道ICから近くて便利。 大量注文もできる看板の販売に関してはサインパートナーへ