看板の素材の種類とメリットについて

看板の素材には様々な種類があり、種類ごとに特徴やメリットなどがあります。同じようなものでも重量が異なっていたり見た目も細かく異なっています。種類ごとに異なるのは重量や見た目だけでなく耐水性なども同じで、メンテナンスがしやすいものや水や雨に濡れてしまっても問題が無いものなどもあります。
ものによっては重量が違って設置するまでが大変な場合や、耐水性が低くメンテナンスが行いにくいものや、見た目が悪いものなどが存在しています。それぞれに特徴やメリットがあり実際に使用する際に影響が出る場合もあるので、購入する前には種類をしっかりと選び特徴を知っておく必要があります。
主な種類にはスチールや木材や合板や集成材などがあり、これらもそれぞれに特徴やメリットがあります。

スチールの特徴やメリットとメンテナンス性

スチールは鉄と同じような素材で固くて重いので、風で飛ばされてしまったりすぐに壊れてしまう心配がありません。鉄と同じようになっていて頑丈なので看板としても使うことができ、磁石なども付けられるのでとても便利ですが、メンテナンス性も良いので長持ちさせることが可能となっています。
スチールであれば雨や水などで濡れてしまっても布などで拭いたりすれば問題がないので、耐水性が強く屋外で使用する場合にも向いています。鉄なので長時間水に濡れたままにしておくと錆びてしまう可能性もありますが、多くの場合には表面に腐りにくい処理が施されていて、錆が発生しにくいような加工がされている場合も多いため、水に濡れても大丈夫な製品もあります。メンテナンス性や耐水性にも優れているので長い間にわたって使用できます。

木材や合板や集成材などのメリットやメンテナンス性

木材や合板や集成材などは木でできている素材で、木目などが一つ一つ違うのでおしゃれな見た目になっています。また木は非常に軽いので設置したり片づけたりなどの作業が非常に楽に行えるというメリットもあります。カフェや飲食店の場合にはおしゃれな木材や合板や集成材などが最適です。
カラーバリエーションなども豊富でとてもおしゃれというメリットがありますが、耐水性が少し低いというデメリットもあります。木なので水や雨に濡れた場合には腐りやすく、短期間で使えない状態になっている場合も多いです。しかし中には表面に防水加工をしているものもあるので、防水加工がしてあり耐水性が高いものであれば、こまめなメンテナンスなどは必要ですが、雨や水によって腐りにくいので屋外用の看板などでも使えます。