耐久年数を知って適切なタイプを選びたい看板

耐久部分を重要視する場合は、素材を見極めることが大切です。プリント部分や加工を施した部分がどの程度外部からの影響を受けるかなど、耐久に関わる部分を全て考慮をし、店外または店内に案内板として設置するのかそうでないのかによって耐久性を変えることで、コストダウンを図ることが可能です。
耐久期間が重要な場合の多くは、店外に設置し雨ざらしとなる想定で作る必要があり、製作し販売を行っているメーカーごとにいくつかのテストを行っています。このテストの結果に沿ってホームページなどで誰でも閲覧できるように公開がされており、必要であればメーカーごとの耐久年数に関する情報を比較してみるのがおすすめです。また、耐久性が確保できる期間内のある一定期間は保証がついているメーカーもあります。

同じタイプでも加工内容によって耐久できる期間がかわる

同じ素材を使用した看板であっても屋外で使用する場合は、その地域の特性を考慮する必要があります。例えば、太陽光が長時間当たっている場所に設置すれば色あせやプリント部分にひびができます。これを防ぐためには、紫外線を反射するなど耐候性に優れたタイプの加工や溶剤インクを使用していることが好ましく、ただ単に作成金額が安い点だけで決めるとこれらの加工が未処理というケースもあるので注意が必要です。
アルミ複合板などは耐久性もあり、ラミネート加工の処理がされていれば3年から4年と使うことができ、軽量のため設置する場所を考える必要もなく簡単にできるという特徴があります。ただし、同じアルミ複合板であっても耐久性の期間にはばらつきがあるので、メーカーごとの比較は必須です。

問題があればすぐに交換できる安いタイプとは

永久的にきれいなまま使用できる看板はなく、設定されている耐久年数を過ぎれば色あせやひびが起きるため、買い替えに関しても考えておく必要があります。看板の素材によっては安く購入することができますが、耐久性を考慮する場合はアルミ複合板が適しているといえます。
ラミネート加工をしている場合は、水分やひび割れにある程度の強度があり、高さと幅がそれぞれ約30cmであれば2,000円前後で購入することができます。メーカーによって提供している高さや幅のタイプに種類があるので、必要があればメーカーに問い合わせをしてみましょう。また、耐久年数以外にも加工方法にも種類があります。さらに、重要視するのであれば特殊溶剤インクを使用しているタイプを選ぶことも考慮しておきましょう。