看板はデザインと内容にストーリー性や強い衝動を持つものが必要

現代はモノが売れにくい時代です。モノがない時代なら作れば売れ、いいモノならなお売れていました。しかし今はモノがあふれている時代です。モノが豊富にある今は商品のマーケティング力がないと売れない時代となりました。商品にストーリー性があり、客がどうしても欲しいと思うような、良さを感じさせるものでなければ買ってはくれません。いい商品を作っていれば必ず売れる時代はとうに過ぎています。
まずマーケティングを行い、必要だと思う人が多く目にするところに、買わないと損をする・買わないと後悔する・買わないと他の人におくれをとってしまう、といった、強い衝動を沸き立たせる内容の人の目に触れるものを作らなければなりません。表示物の内容はもとより、表示するもののデザインにさえ必然性があり、それを見た人が必ず心のどこかにひっかかることを強く意識したものが必要です。

人の目をひく表示物でなければ誰も見向きもしません

表示物の代表的なものは看板です。街中にはたくさんの制作会社がありますが、どの制作会社も職人さんが黙々と作っているような会社が多く、お客さんから注文が来て、その内容に忠実に、壊れない丈夫なものや雨風に耐えうる性能を持ったものを作っていることがほとんどです。ときどきシャレたデザインのものを作っているところもありますが、それは外観のデザインのみにとどまっていることも多々見受けられます。
目にした潜在的な客が、思わず見たくなるような外観で、少しでも見てしまったら最後、内容を全部見てしまうようなストーリー性のある、マーケティングを意識した内容でなければ客はモノを買いません。看板制作会社は依頼されたところの注文内容さえ守って制作すれば儲かりますから、マーケティングのマの字もないものを職人さんが黙々と作るわけです。

売る商品が決まっていれば安く買えてすぐに使えるものもあります

ではどのような制作会社に頼めばいいのかと言うと、マーケティングを行ってくれて、それに合った外観や性能を持ったものを、客が引き込まれていくような看板を作ってくれるようなところに頼めばいいという回答になりますが、そのように広範囲にわたって頼めるところはほとんどありません。頼めるとしてもかなり大きな料金がかかるでしょう。
それならば、数多くの種類の、何百も何千もの種類のものを用意してあるところをあたり、制作依頼者である自身がこれだと思うようなものに遭遇するところに相談してみることが良い選択だと言えます。
もし売る商品が決まっているのであればその商品が売れた実績のあるものを選んで購入することもいいですし、実績のある表示物に手を加えて制作を依頼してもいいでしょう。また実績のある表示物は多くの場合大量生産していますから、安価で済むことがよくあります。